他の人に自身の汗のニオイで不愉快な気分にさせたりストレスに思われるのは避けたい

汗の匂いは男女問わず頭の痛い問題だと思います。

ことに、「足臭」や「脇臭」というのは臭ってしまうと自分でも不快になるので、皆さんも苦労されていると思います。

この夏のシーズンは酷暑で本当に暑い日が続いたので、汗の臭い対策を今まで以上に頑張ったという人も少なくなかったと思います。

最近は気温も落ち着いてきて、汗臭対策はしなくても平気だろうと楽観視している方もいるかもわかりませんが、実は寒い季節の方が、汗臭のケアに力を入れた方がいいのです。

と言うのも、涼しくなってくると沢山服を着たり、室温を上げたりしますよね。

そうすると、「重ね着」という状態により、だんだんと汗を掻いてきて臭くなりやすくなりますし、ヒーターを使えば室温があがって汗をかきやすくなるため、汗臭が出やすくなるという仕組み。

ですから、夏が終わったからといってニオイケアの手を抜くと、夏よりも汗のニオイが臭くなる場合もあるので、汗臭対策は季節を問わず心掛けた方がいいですね。

ほかの人に自身の汗のニオイで不愉快な気分にさせたり、ストレスに思われるのは避けたいところですよね。

涼しくなってからも汗のニオイが発生しないように制汗スプレーを利用したり、消臭効果のある衣類柔軟剤を利用したり、衛生面の管理を怠らないようにしてニオイケアを行っていきましょう。

 

人間の嗅覚はかなり鋭いですよね?

自分以外の人の車に乗った時や公共の乗り物の中、様々なところで鼻につく臭いがこれまでにあったのではないかと思います。

そんなわたくしも臭いに関しては敏感です。

人の臭いが気になってしまうことがよくあります。

特に気になるのはやはり加齢臭、汗臭、わきが臭ですかね。

どれもみんな体の中から臭う体臭と言われるものです。

あまりにも酷い時には吐きたくなって、体調を崩してしまうこともあるのです。

どうにもならないですよね。

それにその臭いというものは自分自身にもあるのだからウンザリしてしまいますよ。全く。

職場はスーツ着用だったためストッキングは必須だったのですが、ストッキングで靴を履いた時の足から放つ香りは史上最強(笑)

体臭ってひとごとじゃないんだよなぁ。

体の様々な所からだれでも漂ってくるものです。

それだから、ちょっとでも臭いを抑えるためにいろいろやってみるのがいいんです。

わたしも足の臭いを抑えるクリームを塗ってみたら香りが目立たなくなりました。

前に、女性の先輩に「臭いを消すのに効果がある」と聞いた食べものがあります。

「チョコレートでカカオ分が75%以上のものを食べるといいよ」と。

そして就寝の前の体臭が出そうになる前に少し食べれば良いみたいです。

体臭は対策グッズを使うことに意識を向けがちですが、食べ物でも変えられるそうなのでぜひ試してみましょう。

 

梅雨時から足臭が出てくるのでこの時期が一番困ります。

バスタイムには両足をキチンと洗浄するように注意していますが、蒸し暑くなってくるとどうしても気になります。

冬場は「ブーツ」をよく履く為匂いがする時がありますが、菌の繁殖力が高まる梅雨時などもニオイが発生しやすいです。

いつものことながら足が臭う自分に嫌になります。

夫に自分の足臭については話していませんでしたが、主人に勘付かれるという事件が起こりました。

家族全員で夜ごはんを、食べていた日に主人が立ち上がり、冷蔵庫に向かう途中に「なんかこの付近臭くない?」と騒ぐので向かって行くと「足臭」が、漂っていました。

何を思ったか旦那は長男の足元の匂いと自分の足の臭いをクンクンしはじめ、「ヤバイなぁ。バレるかも。」ともうドキドキです。

ダンナに「僕らじゃないみたいだからママかもね?」とニヤリとされ、隙を狙われてあたしの足をチェックされてしまいました。

夫はつかの間フリーズしてから「めちゃめちゃ臭い」とのたうち回っていました。

ワタシは直ぐに足の洗浄を命じられてしまい、足のニオイが出ることに落ち込んでしまいました。

女なのに本当に恥ずかしい限りです。