鼻の頭に汗をかきやすいから何度もタオルで拭くのが恥ずかしい

私自身は鼻に汗をかく体質なので、ストレスを感じたり暑いと感じた場合に鼻の頭に汗が出てきてしまいます。

鼻って顔の中央にあるので目立ってしまって困るのです。

鼻の頭に汗をかいているのが分かってしまうと恥ずかしくなってしまうため、タオルやハンカチで拭いているのですけど、何度もタオルで拭くのも恥ずかしいと思います。

不気味な人なんて思われていないか気になるし、鼻にかく汗を何とかしたいです。

鼻から汗が出てくるのは昔からコンプレックスになっていますが、何ともなりません。

「鼻の汗が出なくなるようなグッズがあったらいいな」って思いますが、鼻汗をかかなくなったら違うところに異変が出るのかななんて考えてしまうのです。

鼻汗のせいで化粧も落ちてしまうし、真剣に何とかならないかなと思うのです。

鼻汗をかかない人に憧れます。

この汗のせいで夏場はすごく大変だし、恥ずかしいです。

タオルとかで拭う他ないのかなと思うのです。

女なのに鼻汗が出るなんて真剣にイヤなので対策グッズが無いかなと思っています。

 

以前から自分自身の足元の匂いが気に掛かっています。

意識し出したのは高校生の頃、部活動の休憩時間に友人何人かと喋っていたときに一人の子が「なんか最近足臭がするんだよー、臭いか確認してくれない」と端からスニーカーを回しました。

そこから皆でシューズの嗅ぎ合いっこがスタート。

言い出した子の靴は本人が思っているほどひどい臭いではなくほかの人も「臭わない」と私と同じ意見でした。

私の靴の臭いを嗅いでもらった時、友人たちは「あっ」という顔をしたのです。

そんな事があってわたし自身の足の臭いが気に掛かるようになりました。

大学に入り、アルバイトの後に飲み会に誘われました。

バイト先では靴下に運動靴で勤務していたのですが、その時は暑い時期だったので家からは靴下なしのサンダルでした。

迷うこともなく、誘いに乗って友達んちにお邪魔する事にしました。

友人宅に着き、席に座った数分後、何かが臭ってきたのです。

私だったら嫌だなと思って、トイレを借りるついでに足元のニオイを確かめたところ、「くさっ!」となりました。

危機的状況とはまさにこのことです。

暑い日で私以外にも裸足の子は数名いたのでニオイの発生源がわたしだと、特定する事はできないだろうなとは思ったけれど、ソワソワと帰るタイミングをはかっていました。

その日から、風呂場では足先を隅々まで洗浄し、足の消臭スプレーは夏でも冬でも使うようになりました。

 

日本には素晴らしい時節があるのですけど、私は夏はいらないと思います。

その訳は私自身が大変な汗かきさんだからなのです。

わたくしが汗の事を悩みだしたのは中学生時代。

その中学校は自宅からやや離れた場所にあり、自転車通学をしていたのです。

学校までは坂道が多く、夏は毎朝汗びっしょり。

早めに起床して時間をかけて仕上げたヘアスタイルも、学校に着けば汗をかいたおかげで努力が水の泡となるので、多感な時期の私にとってはとても大きな悩みでした。

そんな中学校時代が終わり、高校に通いだした私に「汗臭」といった違う悩みが生まれます。

学校にはクーラーはついていなくて室内はかなり暑くなっているので、毎回の授業は私には苦行なのです。

体育の授業のときなんて、体育館という屋内で行う運動なんて地獄の授業だったのです。

汗臭をセーブしてくれるデオドラント剤や汗を拭き取るシートは必須で、その頃の私にすれば経済的に大きな負担となっていました。

こうした悩みは社会人になっても変わる事はありませんでした。

むしろ、もっと身支度に気を使わなければならない社会人となり、汗が臭うという悩みは拡大したのです。

気にし過ぎる事も問題なので、体質を変える為になるべく運動するように心がけていますが、早くその成果が出ないかなと思っています。

 

暑い時期になってくるとわたしはワキの臭いがすごく気になります。

他人のワキの匂いはすぐにわかります。

わたしもひょっとしたら他人に脇のにおいで不愉快な思いをさせているのではないかと思ってしまいます。

通勤時間帯の混み合った電車内とか、ワキガの人がいると強烈なニオイがしてきます。

私も軽めのワキガなので通勤前には毎朝お風呂に入るようにしています。

日本人は特に汗の臭いにはうるさいので、小まめに脇汗対策をしないとわきの臭いで自分も不愉快な思いをしてしまいます。

わたくしは小学生の頃からワキの匂いでいじめられている人たちを見てきたので、過剰に心配してしまうところがあるのです。

いい大人になった今でもワキの匂いが原因で陰で悪口を言っているんじゃないかと考えてしまうことがあって、会社には替えのシャツを2枚置いていて汗で濡れたら替えるようにしています。

大勢で行動することはわきの臭いがするのではと不安になって苦手です。

仕事のミーティングなど必ずというとき以外は集団で行動することはありません。

欧米人などはわきの臭いにそんなに抵抗を感じず香水などを振って対処しているようですが、日本では香水のつけ過ぎは注意されてしまうので、ワキ汗専門のクリームやスプレーで対処するほかありません。

暑くなるとワキの匂いが不安になるのでほんとうに嫌な季節です。

関連記事:イビサセラムプロを安く買える販売店!デリケートゾーン美容液がお試し通販なら34%OFF
URL:https://www.chinaagrionline.com/