綺麗でいたいと思い続けることで楽々と美肌をゲットできます

30代になり身体や心が変化していく事をより感じる様になりました。日頃から鏡で自分を見ながら自分自身でやれることをしよう、そしていつまでも女の子に産んでくれたことを嬉しく思いずっときれいでいたいと思うのです。そんな中で意識して行っている事を書いていきます。

まず十分な睡眠を摂ること、それから極力早い時間に眠ること。できる限り十一時には眠るようにしています。早起きをしています。

それからきっちりとやれていませんがまめに水を飲む事。冬の季節は湿度が低いので水を飲む事と肌の乾燥を守る為、保湿をしっかり行っています。洗顔する時は泡をしっかり作ってから顔を洗いなるべく冷たい水ですすぎます。お湯ですすぐと乾燥をより起こすからです。自宅へ戻ったら一番に化粧をおとし肌を休めています。

食事に関しては過剰に糖分を摂らないようにしています。おやつを食べる事はなるべく控えるようにしているのですがイライラしないように疲れた時なんかは少しだけ食べます。出来るのであればもう少しフルーツを積極に取って、春夏行っていたジョギングを温かい季節になったらやろうと思っています。

あたしは綺麗な肌だねとわりと褒められるほうです。わたし自身、自分の肌には自信があります。お顔も体もきれいな肌だと思いますが、できる限りのことはしています。

メイクを落とすことと洗顔・入浴後数分以内の保湿をいつでも必ずするということです。

たったこれだけのそれ程のことじゃないとツッコミが入りそうですが、毎日欠かさないのは結構難しいことですし、あたしは嘘でもなくこれを続けているだけです。けれども、これを習慣にして12年ほど毎日やっています。

飲み会で帰りがどんなに遅くとも必ずメイクオフしてから眠ります。一晩中飲んで翌日の朝帰宅せず出社しても一度しっかりメイクオフしてから化粧をし直します。それから顔を洗ったらすぐに化粧水と乳液で潤いを閉じ込めます。
体のほうは入浴後、こちらもすぐにボディ用のミルクを塗ります。値段が高いわけではないのですが、安くても毎日使うことによって透明感のある肌になれます。

夜遅くに帰ってメイクを落とさず寝てしまったり、洗顔やお風呂のあと時間が経過してから保湿しているという女性も大勢いるでしょう。
ですが、それが一日でもあると一気に肌荒れに直結してしまいます。ずっと続けることで楽々と美肌をゲットできます。

健康な体やお肌の為に何が効果的かなと考えると、やはり眠ることがすごく大事。気持ちよく眠れたなと思う日は、肌のコンディションもいいように思います。どれほどたくさん美容液を塗っても、睡眠の質が悪い時には肌もガサガサです。

そう思うと、適度に運動をして良い睡眠をとる質素な毎日を送れることが何より良いのかなと思います。この至って普通が簡単ではありません。ストレスが溜まっていたり、くたびれているのに寝つきが悪かったり。普段通りの生活を続けていると、全身どんどん凝り固まってしまう恐れを感じます。

これは良くないと、日々の習慣でできそうなところをできるだけやってみることを目標にしています。日頃はバスに乗っている一区間を徒歩に変えてみたり、パソコンの手を止めて一分ほど軽い運動を取り入れてみたり。こんな簡単そうなことでも、仕事をしている時とかは気合を入れることが大事です。
こんなふうにちょっとずつやり続けていると、夜眠ろうと横になるとコテッと翌朝まで熟睡できて、何となく代謝が上がってきた感じがします。お肌の色ツヤの為にも、少しだけ努力する生活を定着させたいと思います。

コンブチャダイエットでの失敗例を見ていきますとありがちなのは、コンブチャに含まれている菌や酵素の摂取によって消化能力が強化されたから「どれだけ食べても太らない」と誤解して、食べたいだけ食べてしまうということではないでしょうか。これとは別に、コンブチャダイエットと単独でも人気のあるプチ断食を組み合わせダイエットの進行中、いきなり普通の食生活に戻してしまうことで失敗してしまうことが多いようですね。

コンブチャダイエットが残念ながら不成功に終わってしまうことでなぜか肥満しやすい体になってしまう場合もありますので、そういった点には注意したいですね。
コンブチャダイエットで置き換えをしている場合は、できるだけ急がずにゆっくりと今までの食生活に戻していくことが大切です。

おすすめ⇒KOMBUCHA(コンブチャ)通販

歳をとるごとにお腹周りのお肉が…

歳をとるごとに、お腹周りのお肉がパンツにのっていることが気になるようになりました。
母が言っていた、「30代からはあっという間に時間が過ぎて、お腹周りのお肉が気になってくるわよ」の意味がようやくわかりました。

以前はどんなに食べても、お通じがなくても、すっきりしたお腹だったのに、食べたら食べた分出る、お通じが出ない分出る、という現実…
お腹の肉が気になって、水着なんて着れないし、ハイウエストのパンツも、お腹を圧迫して苦しくなり、結局今はゴムのパンツやスカートを愛用するようになりました。食べ放題や飲み放題、ゴムのパンツやスカートは楽チンで、どんどん飲み食いしてしまいます。

そんな中、主人の悪気のないキツイ一言…
「なんかお腹中心に丸くなってるね」

結婚した頃は、モデル並みに痩せていて、ウエストも細かった私。歳には勝てない、と自分を慰めていましたが、このままでは子どもやその友達にまでもバカにされそう。
そう思い、忙しさにかまけて遠ざかってしまっていた運動を始めよう、とジム通いと水泳を始めました。そして、繊維質の多いものを日々の食事に取り入れ、お通じ改善に挑みました。

その成果もあり、お腹周りの肉は元どおり…とまではいきませんが、スリムジーンズを履きこなせるようになりました!年齢に負けないぞ、と今でも頑張っています。

美容のために玄米を食べる

私が美容に気を付けていることは、まずは睡眠です。そして良く眠れて、心も体も元気になったら、食事に気を付けるようにしています。加熱した動物たんぱくは少し控えめにして、野菜、玄米を中心に、シンプルなものをゆっくり食べるようにしています。

玄米は特に重要です。ヌカの部分に含まれている、豊富なビタミンBやたんぱく質は、噛めば噛むほど、栄養を体に摂り入れることが出来きます。だからあれもこれもと食べなくても、元気になれます。

また白米を食べる時にくらべると、噛む回数がかなり多くなるので、体力がいります。体は、良く噛まないと消化、吸収できないことがわかっているので、疲れている時は、絶対に食べようとしません。玄米が食べれない時は疲れているとわかるので、生活の改善を考えるようにしています。
栄養を摂取するだけではなく、体調の変化も教えてくれます。

良く眠れて、玄米やおみそ汁のようなシンプルな食事をゆっくり食べている時は、肌の調子もいいし、太ったりすることもないし、精神的にもとても安定しています。

肌の乾燥が気になる・・・

私の最近の肌の悩みは乾燥です。
昔は多少スキンケアをさぼっていてもあからさまに不具合といった不具合は出なかったのですが、最近になるとちょっと面倒くさくて手を抜く(と言ってももともとあまりきちんとはしていないのですが)と翌日、メイクをした時ばかりの時にはいいのですがメイク直しなどで鏡を見ると部分的に乾燥してファンデーションが浮いて粉がふいたようになってしまっていたりします。

一応そういう時のためにメイクの上からでも使える乾燥箇所に塗る潤いジェルのようなものもポーチに入れて持ち歩いているのですが、鏡を見て自分で気づくまでその状態で過ごしていたのだと思うとうんざりしてしまいます。

私のスキンケアは基本的に簡単でシンプルなもので、お風呂上りすぐに保湿に強い化粧水をつけて体のケアをした後また同じ化粧水をつけ、最後に一時流行ったニベアの青缶を塗る、ちょっと特別にケアしたい時にはパックをする、などのシンプルステップなのですが、最後のニベアのクリームを塗り忘れて寝た時の翌日は乾燥が顕著な気がします。

今はとにかく乾燥が気になるので「乾燥こじわ」なんて単語には敏感になってしまっていて、極力クリームを塗るときに目もとには丁寧に塗るようにしていますが、これから年齢を重ねるにつれてもっといろいろな悩みが出てくるんだろうなぁと思うと今からため息が出てしまいます。
面倒くさがりなのであまりケアのステップは増やしたくないのですが、色々考えて行った方がいいのでしょうね。

 

美容のツボと言われているこめかみ

自分はそれほど若くは無いのですが、この先もキレイな肌を維持したいと思っています。
アトピー持ちの私は、顔の一部が赤くなる事があります。
そういった時の化粧は目のポイントメイクくらいしかできず、できれば肌はいい状態にしておきたいのです。

なので、顔のマッサージを行っています。
美容のツボと言われているこめかみですが、ここの部分は思いついたら、常にマッサージするようにしています。
他にも眉毛の下あたりなども軽く押したり、頬のリフトアップマッサージや、口の周りも内から外へマッサージしています。

ですが、本当は、マッサージはお風呂の前に子どもがやってくれています。
そして、マッサージをして出る老廃物は鎖骨リンパ節に流すようにさすります。
リンパの流れが良くないと老廃物が流れなくなってしまうので、鎖骨リンパ節だけでなく、からだ中のリンパの流れが滞らないように、ヨガを30分くらい行います。

毎日行うのが理想ですが、2日に1度できれば良い感じです。
リンパ液というのは血液ではなく、身体を動かさないと流れが悪くなるので、筋肉を使う事が大事だそうです。
適度に運動するという事です。
ヨガであれば想像以上に筋肉を使うし、体も柔らかくなって冷え性の改善にもつながるのでとても良いと思います。

 

美容に気を使っている男子が増加中

女の人だったら皆さん「キレイになりたい」という気持ちはあるでしょう。
この頃は男子だって美しくなりたがっていてエステに通ったりハンドケアをしてたりします。

「美容院」にしても月一ペースで訪れる男性が増加中。
どこをどう切るんだろう?と謎に思うほど短い髪の男性が相変わらずの月一ペースで美容室通いする姿を見ると本当に美容に気を使ってるんだなぁとビックリしてしまいます。
髪のオシャレ染めをしている男の人も増加していると思います。

自分は爪に神経を使っています。
自分の顔をメイクするのも必要なことですが、鏡を見てほどこしたメーキャップは鏡の前にでも立たないと見れません。
日によっては口紅の色さえ「どれだったかしら?」なんて事もあったり。
だけどネイルならいつも自分の目で直接確認できるのです。

この「見ることが出来る」というのがミソ。
美しい指先が視界に入る度に気持ちが弾みます。
そして、次はどんなネイルアートにしようかとますますウキウキしたり・・・。
こういう何気ない時間が女性をきれいにすると思います。

 

いくら費用をつぎ込んで美肌作りに努力していても

睡眠時間が少ないとソッコーで肌にでます。
前はいくら朝まで騒いでいても平気だったのに、老けたからなのか今では眠る時間が足らないと即座に顔にでちゃうんです。
いくら費用をつぎ込んで美肌作りに努力していても、一度くらい睡眠時間が足りなかっただけでおじゃんになるのです。
しっかりと眠れていないと頬がザラッ、顎にはポツリと吹き出物が…。
やむを得ず睡眠が少なくなる際には、チョコラBBとかサプリを摂取してから就寝するといくらか効いている感じがします。

生活環境に変化があったりするとお通じが悪くなりやすいので、水分不足にならないように注意しています。
野菜などを摂る事も大切だけど、水分はホントに大事。
汗っかきなので水分補給をまともにしてなかった頃があって、食物繊維を摂取しても便秘薬を服用してもストレッチをしても、水分をちゃんと取るまでお通じがなかったのでそれ相応の水分量を摂ることは非常に大事なんだなぁと思いました。

また「ダイエット」の際も気を抜いてはいけません。
油物を食べなくなるせいかカサカサ肌になりがちで、無視していると皮脂腺から過剰な油分を出すようになります。
ドライ肌なのかオイリー肌なのかという完全な混合肌になってしまいます。

そんな訳で体重減少を目指している時は多少のアブラは普通に取ることにしてる。
なんらかの不足があると結果として目に見えて分かります。
人間のカラダって良く出来てますね。

脱!砂糖&添加物生活

私は極力、砂糖や添加物の入った食品を口にしないように気を付けています。この生活を始めてから疲れにくくなり、風邪をひきにくくなりました。

昔は、疲れたらすぐにチョコレートを食べる生活をしていました。
毎日チョコレートを1箱食べるのは習慣でしたが、砂糖が入った食品は、繰り返し食べたくなる中毒のようなものになります。砂糖は疲れやすくなったり、肌が荒れたりします。

よくスターバックスのソイラテが好きで、毎朝飲む生活を2年間続けていました。
当時、とても体がむくみやすく、ソイラテに砂糖が入っていることはしりませんでした。ネットで調べるとスターバックスのソイラテに使われる豆乳は無調整ではなく、砂糖入りの調整豆乳が使われていることが分かりました。

知った翌日から、極力ソイラテを飲む回数を減らしていきました。禁煙生活と同じで、習慣になった食生活を変えるのはとても難しかったですが、おいしさよりの健康を大事に考え、きっぱり止めました。
ソイラテを飲み続けていたときに感じたむくみは解消されました。

加工食品を購入するときは、どういう原材料で作られているかを記入されている内容を確認後に購入します。
体に良いフルーツもカットフルーツの場合、防腐剤が使用されていることもあるので、見た目で選ぶのではなく、書かれた内容にしっかり目を通すことが日々の健康生活に結び付くと思います。

日頃から補いにくい栄養を効率よく摂取できるナッツ類

「美容」を考えて、食事の時間外にナッツ類を食べています。
デスクワークのため、ついついダラダラと甘い物などを摂ってしまい、後悔することも少なくありませんでした。

木の実だったら、おなかにもたまるので、沢山摂取しなくても満足感があり、加えて「ビタミン」「良質な油」「食物繊維」も多く含んでいます。
大量に摂取するとお肌に良くないですが、適量ならば、日頃から補いにくい栄養を効率よく摂取することができます。
糖質低めの食べ物なので、痩せたい時にも効き目があります。

よくある三種類のミックスナッツで、1日30g程を摂っていますが、気分でサンチャインチナッツやピーカンナッツ、マカダミアナッツも加えたり、どうしても甘みを欲しているときには、チョコなどで甘い味付けがしてあるナッツを少量つまんだりしています。
甘みがビターチョコだったら、カカオ成分も摂取しやすいので、美容面でも問題ないでしょう。
何種類もあり、それぞれを味わいながらつまんでいるとおやつタイムが充実するし、食べ飽きる事もないのでお勧めの食品です。

私はお肌には保湿力が欠かせないと実感しています。
10代のころは保湿の仕方すらもわからず、洗顔をしていない時もあったりとやたらと皮膚を痛める事ばかりしてきました。
だからなのか吹き出物に悩まされ、キレイな肌とは言えませんでした。

大学に入ったころにきちんとモイスチュアケアをする事が大切なんだという情報を得て、先ずは現在の肌タイプを調べてもらいました。
わたしは診てもらった結果潤い不足の肌でした。だったら兎にも角にも潤いケアを施すようにしなきゃと高保湿ローションを購入しました。
顔の洗浄後速攻でローションをしっかりと塗ります。

少しでも間があくとどんどんカサカサになっていくのですぐにつけるようにしています。
美容ローションはお肌が吸収できるだけ塗布するのですが、大体はセラミド入り化粧水を利用しています。

あとは美容乳液などで保湿ケアをします。
その様になるべく季節に合わせたお肌のお手入れをやるようになった為か、ブツブツが出来ることも少なくなり毛穴部も引き締まり、化粧乗りも良くなってきました。
やはりスキンケアはとても大切であるという事と、乾燥防止対策は大事ということを学びました。

シミとテカリと乾燥に悩む日々…ごまかし続けるのも辛い…

私の一番の肌の悩みはシミです。。

シミというのは、目立つ部分に出てくるものです。
頬骨の高い部分、口の周りにポツポツと出て来ているシミに困っています。
2ミリ程度の小さなものから、1センチ程度の大きなものまで大小それぞれあります。
髪の生え際の方のシミは、ヘアスタイルでごまかすことも可能ですが、お顔の中心よりのシミは上手に隠す以外に方法が思いつきません。

そのほかの悩みだとテカリと乾燥です。

Tゾーンとお顔と髪の生え際付近は常にギトギトと脂が多い状態になるのに対し、目の周りや口元はカサカサに乾燥してしまうのです。
化粧水や乳液は乾燥している部分を重視して保湿タイプを使っていますが、それでは案の定、テカリが気になる部分には悪影響なのです。
テカリが気になる部分と乾燥が気になる部分とで化粧水等を使い分けることも考えましたが、異なる種類の物をパーツごとに使うことに抵抗がある為諦めました。
洗顔後のお顔を見る度にどうしたものかと悩んでいます。
参考:トワエッセ モアヴェールエッセンス
URL:https://www.auto-lux.info/

40代にもなってくると、やっぱり健康のために「体に良い食事」をとても気にするようになりましたね。
食生活が偏ってしまうと体の調子が悪くなって、毎日の生活に不具合が生じてしまいます。
そういう訳で、一番にバランスの良い食事、それとそこそこの量は食べること、というのが基本的です。

でも、このような食生活は健康的になるだけでなく美容、また肌にもとても良いことです。
お肌にとって特に重要なのはビタミンやミネラルだと思います。
ビタミンをきちんと補給することで、肌のターンオーバーも上がって、プリプリのお肌が維持できると思います。

肌に良いと言われる有名なビタミンはやはりビタミンCですよね。
ビタミンCと言うとシミ・そばかすに効果があるイメージが強いですが、それだけではなく、ハリのある弾むような肌に必要なコラーゲンが作られるのを促進する効果があるのだそうです!またビタミンCを多く摂れるものはフルーツの印象が多いですが、実はパプリカやピーマンなどの野菜にも多く含まれているんだそう。

果物だとカロリーがちょっと高くなりそうなので、わたしは日常的になるべくこのような野菜を食べてビタミンCを摂るようにしています!

乾燥は美肌の大敵です。皮膚が潤い不足になると、色々と悪影響が出てきます。
痒くなって炎症を起こしたり見た目にもわかる状態になったりします。
油断していると、角層が硬くなっていき、硬くなると美容液などの吸収率が下がります。

塗り薬を使うにしても角質肥厚の状態だと効き目が弱まります。
乾燥肌から肌疾患になれば、こじらせやすくなるだけで深刻な状況になるばかりです。
潤い不足の肌を潤す方法としては、風呂上がりに、水分を取りきらずに、天然オイルを塗り込みます。

水分があるので少々の天然オイルでもスーッと伸びて塗りやすいです。
全身だと、五百円玉くらいのオイル量で済むと思います。
天然オイルでお肌の水分量が減らないようにカバーリングするのです。

気になるかかとなどは、上から白色ワセリンを塗ったりもします。
フェイスケアも一番目にオイル美容液を2~3滴塗ってから化粧水をのせると、浸透力が高まるという話です。

その後、美容クリームを重ねたり、再度オイル状の保湿剤をつけたりするのです。
化粧下地にも天然オイルを混ぜ込んで使用すると1日中、保湿されます。

メーキャップをしてからも、カサカサしている時は、スプレー式の専用オイルをシュッとやっています。
空気が乾くシーズンには、保湿オイルがやっぱり役に立ちます。

美容の為に毎日フルーツをとり入れてます

年齢もアラサーに差し掛かり、肌は若さではカバーできなくなってくる危機感を感じてきました。でも、高い化粧品やサプリメントはなるべく買いたくない。そこで美容の為に毎日ビタミンcが多いフルーツを食べる事にしました。

とは言っても実は私はフルーツの酸っぱいのと汁が苦手なのでそのままでは食べれません。そこで例えばオレンジピールを手作りしてトーストに塗るクリームに変えたり、お菓子にフルーツを入れて酸っぱいのをごまかしています。

ちなみにお菓子を作る時にはおからを必ず入れてます。おからには女性ホルモンが沢山含まれてますので美容にも効果がありますよ。

そしてフルーツはドリンクとしても使えます。例えばレモンはなるべく防腐剤が入ってない物を選び、後はレモンを輪切りにして水を入れた水筒に美容に効くはちみつとレモンを入れて後は4時間待つだけでレモン水が完成します。

こうして工夫して毎日フルーツをとる事を意識していましたらある日突然、肌がだんだんフルーツのように艶々していきました。
フルーツは安く手に入り、美容にも効果があり、様々な使い道がありますので是非オススメします。

若い頃からしっかりスキンケアをしておけばよかった

40歳を超えてから肌の張りやくすみ、小じわなどが気になるようになりました。
若い頃はまったく気にしなかった肌のお手入れ…今頃になって若い頃からしっかりスキンケアをしておけばよかったと後悔してしまいます。

私は30代のころからエステに通っています。(フェイシャル月2回)これだけは欠かせません。1回4000円ですが、このくらいの金額なのでなんとか今でも続けられています。

それ以外に普段から気をつけていること!

  • 毎日スキンケアは欠かさず行う。特に保湿は絶対に怠りません。乾燥は小じわを増やしてしまいます。その為入浴後は必ず美容液などを使い、顔のマッサージも行っています。
  • 睡眠をしっかりとる。だいたい22時から深夜2時の間が成長ホルモンによる肌の新陳代謝が活発と言われているのでこの時間にはしっかり睡眠をとるようにしています。確かに寝不足になると次の日は化粧ののりが良くなく最悪です。
  • バランスの良い食事を心がける。私は結構めんどくさがりなので細かいところまで気にしてはいませんが、全体的にバランスが良い食事を摂り、自炊を心がけています。ちなみに寝かせ玄米を毎日食べています。
  • 適度な運動を心がけています。なかなか毎日運動ができない状態ですが、歩いて行ける所は歩いたり、縄跳びをしたり…入浴後はストレッチをしたりと一応行っています。

今は色々な美容法がありますが、徹底して行う事は難しく、個人差もあり長続きしない物も多くあります。私はめんどくさがりなので色々試してみても長続きしなかったものもたくさんありましたが、自分なりに今の方法が自分に合っていて何年も続けられています。

また、ストレスを溜めこまない事も大事だと思います。以前ストレスや寝不足で肌も最悪なときがありましたが現在は週一回は自分なりのストレス解消を行っているので肌の調子も体調もいい感じです!

妊娠中の食生活は体を温めるものを意識して多く食べるように

妊娠中には食生活に気をつけました。
特に気をつけていたのが、体を温めるもの、利尿作用のないもの、女性ホルモンの働きを活性化するものです。

体を温めるものとしては、根のもの、大根やじゃがいも、にんじん、れんこんなどを多く食べるようにしました。
煮物にしておけば、数日間は食べることができるので、仕事に家事にと、忙しい毎日でも続けることができました。

利尿作用のないものとしては、カフェインレスということに注意を払いました。
カフェに行ってもコーヒーや紅茶が飲めず、苦労しました。
でも、お腹の中の我が子のためなら多少の我慢はできるものです。

女性ホルモンを活性化するものとしては、豆腐類を食べるようにしました。
特に厚揚げが良いと聞いたので、厚揚げを使って麻婆豆腐をつくったりしました。

妊娠中には気をつけることが、たくさんあります。
すべて制限してしまうと、それがストレスになってしまい、逆効果になってしまうので、適度に気をつけることが大事です。

私が初めて「妊活」という言葉を聞いたのは21歳の時でした。その時の職場の先輩が「妊活に集中したいから仕事を辞めたいんだよねー」と話してきて、妊活に集中してしたい?!それって仕事辞めなきゃだめなの?!と当時の私は頭の中がハテナだらけでした。笑

でも30手前になった今、先輩の気持ちがよく分かります。先輩は子どもがとても欲しいけど40を目前にしている。子作りを頑張っているけどなかなか出来ない。少なからずストレスになってしまっている仕事を辞めてしまって、妊娠する為の身体・精神作りに集中したかったんだろうなと思います。

妊活って身体を温めたり、良いと言われる食べ物を食べたりして月に何日かしかない子作りのチャンスで頑張るけど次の日にすぐ結果が分かるわけじゃないんですよね。次の生理予定日までまた不安定な気持ちが続きます。そしてメデタくご懐妊となれば大万歳ですが、そうならなかったら、あぁ私って妊娠できないのな…いつ出来るんだろう…とナーバスな感情になるんですよね。それでも愛する我が子に会う日のためにまた頑張る。

子どもができる前から母は強しです。

妊娠検査薬には、2本セットで売っている物が多くあります。
妊活をしている友達から、妊娠検査薬にまつわる不思議な話を聞きました。

例えば1人の女性が2本セットの妊娠検査薬を買ったとします。
1本目を使って妊娠が判明すれば、2本目が余ります。
その余った2本目をほかの女性に譲った場合、それを受け取った女性が妊娠するらしいと言うのです。
ジンクスというか迷信というか、なんだか不思議な話です。
でも、熱心に妊活を行っている人であれば、是非試してみたくなりますよね。

私自身、妊活をしていた時期があります。
でも妊娠した友達に対して、妊娠検査薬に関する噂はなかなか話しずらかったです。
「2本目の妊娠検査薬余ってたらちょうだい!」とはおねだり出来れば良いのですが、なんだか躊躇してしまいました。

やがて私の妊活も報われて、妊娠することが出来ました。
そして、手元には2本目の妊娠検査薬が余っています。
この先友達が妊活を始める時が来たら、様子を見てそれをプレゼントしてみようかと考えています。

兎にも角にも洗顔だけはキチンとする!

スキンケアの中でも特に気をつけているのは洗顔です。
以前、フェイシャルのエステサロンで仕事をした経験があるのですが、その時に洗顔の大切さを学びました。

まず、汚れを落とさないとどんな高級な化粧水やクリームも浸透しにくくなります。
汚れが毛穴の中に入り込んだままだといくら重ねても有効な成分は肌に入りません。
良い基礎化粧品を使っていても洗顔がおろそかだと効果が出にくくなり、もったいないです。
実際にお客様に洗顔を丁寧にする事をアドバイスすると、肌の状態がとても良くなったと喜びの声をいただいたこともあります。

そして、洗顔の方法も大切です。
ただ洗顔料をさっと泡立てゴシゴシこするだけでは汚れは落ちません。
泡立てネットやメガネ拭きなどキメの細かいものでしっかりと泡立て、できるだけ泡を細かくし肌の上で滑らせるように洗います。
ゴシゴシこすると摩擦で肌を傷めてしまうのでNGです。

忘れてはいけないのがすすぎの時にしっかりと泡を落とすことです。
泡が残っていると肌を傷めてしまい、かえって肌トラブルが出てしまいます。
泡で洗った時間以上に丁寧に流水ですすぎましょう。

丁寧に洗顔をすると古い角質や黒ずみが取れ、肌色がワントーン明るくなります。
さらにその上から化粧水やクリームを塗ることにより成分が毛穴に浸透し、ぷるぷるの肌を実感できます。

スキンケアで思うような効果が出ていない方は、是非洗顔を丁寧にやってみてください。

食欲がある時ない時で分かること

健康な状態の時は自分が食べたいものが明確だと思います。自分が今何を食べたいのか・・・たとえば和食が食べたいとか、中華料理がいいとか、イタリアンが無性に食べたいとか、そういう「今食べたいもの」がはっきりしていることが多いような気がします。

反対に、ちょっと元気がない時や身体のパワーが全体的に落ちてきていると感じられる時などは、自分が何を食べたいのか自分のことなのに分からなくなります。分からなくなるくらいだったらまだいいですが、この身体の疲れがひどくなると食欲そのものが失せてきます。

食欲そのものが失せてきて目の前に美味しそうな料理が並んでいても、いいにおいが漂っていても、大好物が目の前にあってもそれを食べたいと思わなくなります。それはそこまで身体のパワーが失われているからであって、そういうときは誰かと会話をするチカラさえ残っていないものです。

これは必ずだれにも当てはまることなのでちょっと気を付けてみるといいです。